豆腐は昔から日本を代表する食べ物というイメージが強いですが、最近では高齢者だけでなく、ダイエットや健康のために、若い人たちや外国の方にも広く食されるようになりました。
染野屋という豆腐づくりにしっかりとしたこだわりを持っている会社があります。
ここで作られる豆腐は、すべて江戸時代の豆腐づくりを考えたものなのです。
今の時代、失われつつある江戸時代の食文化を、染野屋は豆腐づくりで取り戻そうとしているのです。
ここで作られる豆腐の材料となる大豆はすべて国産大豆です。
今の時代、輸入大豆は確かに価格も低いですから、この大豆を使う業者は多いですが、おいしさと安全面を考えれば、どうしても国産大豆ということになります。
だからこそ、甘みやコク、なめらかさを引き出した豆腐が完成するのです。
豆腐は日本古来の伝統食です。
だからこそ、もっともっと多くの人たちに食べさせてあげたい、そういう思いで、染野屋はこれからも豆腐のおいしさを追求していくのです。